岐阜レトロミュージアム

岐阜レトロミュージアム

2016年にオープンした「岐阜レトロミュージアム」。昭和時代のゲームやお菓子などを集めた体験型博物館です。館内はレトロなものばかりで、懐かしさで興奮してしまうかも!建物から既にノスタルジーな雰囲気が漂います。

岐阜レトロミュージアム

入場料が1時間500円で、館内のゲームやパチンコが遊び放題となっています。駄菓子なども取り揃えられているので、子供から大人までみんなが楽しめますよ。

岐阜レトロミュージアム

昭和生まれの人なら一度は遊んだことがあるボードゲームやレースゲーム。あまりの懐かしさに病みつきになってしまうかもしれません。現在のようなハイテク感はありませんが、ゲームの原点なだけあって、人を夢中にさせます。体験したことのない平成生まれの人でもきっと楽しめるでしょう。

岐阜レトロミュージアム

館内の奥にはパチンコスペースがあります。こちらも今ではレアな古いパチンコ台ばかり。パチンコの原点とも言えるものがぎっしりと並んでおり、パチンコファンにはたまらないと思います。もちろん知らない人でも楽しめますよ。
こんな、昭和の懐かしさを楽しむデートもたまにはいいかもしれませんね。


住所:岐阜県山県市椎倉323
駐車場:有り(無料)
営業時間:10:00~17:00




はままつフラワーパーク

はままつフラワーパーク

静岡県浜松市にある世界の花のテーマパーク「はままつフラワーパーク」。3,000種10万本もの花が植えられており、四季折々に違った花が咲き誇り、季節の花を楽しむことができる人気の観光スポットです。

はままつフラワーパーク

色とりどりに咲く花はとてもかわいらしく、見ているだけで癒されますよ。のんびりとしたひとときを過ごせること間違いなしのスポットです。

はままつフラワーパーク

特に桜やチューリップの咲く春がおすすめ。桜のライトアップも行っており、夜間営業もしています。その他、ホタル鑑賞やクリスマスイルミネーションなど夜のイベントがある時期も、夜間の営業をしています。

はままつフラワーパーク

季節によって花の多さも変わってくるので、営業時間や入場料も変わります。お出かけの前にご確認ください。浜松へおでかけの際はぜひ立ち寄ってみてはいかがですか?


住所:静岡県浜松市西区舘山寺町195番地
営業時間:3月~9月は9:00~17:00・10月~11月は9:00~16:30・12月~2月は10:00~16:30
入園料:3月~6月は大人600円~1,000円・7月~9月は無料・10月~2月は500円
駐車場:有り(200円)
ホームページ:はままつフラワーパーク




うなぎパイファクトリー

うなぎパイファクトリー

静岡県のお土産と言えば、春華堂の「うなぎパイ」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。サクサクで絶妙な味付けが癖になる銘菓ですが、そんな人気商品が作られる工程を見られることをご存知ですか?それがこちら、「うなぎパイファクトリー」。工場見学を楽しめます。

うなぎパイファクトリー

一つ一つ丁寧に作られていく様子をガラス越しに見られ、お土産を買ったりカフェでスイーツを食べたりもでき、観光には欠かせません。

うなぎパイファクトリー

予約もいらないので、気軽に立ち寄ることのできるスポットですよ。浜松の観光スポットではもはや定番でしょう。おいしいうなぎパイを買うならぜひこちらで。友達や家族へのお土産にも喜ばれるお菓子です!


住所:静岡県浜松市西区大久保町748-51
駐車場:有り(無料)
開館時間 9:30~18:00
ホームページ:うなぎパイファクトリー





飛水峡

飛水峡

日本の地質百選にも選ばれている、岐阜県の加茂郡白川町から七宗町へと続く「飛水峡」。約12kmに渡り渓谷が続いており、絶景を楽しむことができるスポットとなっています。自然が多く気持ちの良い場所と言うこともあり、ドライブデートには最適な場所ですよ。

飛水峡

国道41号線がビュースポット。長い時間をかけて作られた壮大な自然が目の前に広がります。また、川の濁流によって作られたポットホールと言う、岩盤にあいた穴も特徴的。探してみてはいかがですか?

飛水峡

6月には岩つつじが咲き、夏にはラフティングなどのスポーツも行われていますよ。四季折々、季節を通して楽しみがある飛水峡。岐阜県は名古屋からも近い割に自然がたくさん残っているので、ちょっと遠出のドライブにもおすすめですよ。


住所:岐阜県加茂郡七宗町上麻生
ホームページ:飛水峡




九華公園

九華公園

戦国時代にあった「桑名城」の史跡に作られた桑名市の公園「九華公園」。現在お城は残っていませんが、市街にある自然豊かな公園で、四季折々の景色を楽しむことができる桑名市の人気スポットとなっています。

九華公園

東海地方は戦国時代の舞台となった場所が多い地方なので、歴史好きの人は知っている方も多いと思いますが、桑名城は本多忠勝が城主だったお城です。本多忠勝と言えば真田幸村と同じく、鹿の角がついた兜が有名ですね。

九華公園

お城の跡だと言うことを色濃く残しているのは、園内にあるこちらのお堀。こちらは実際に使われていたもの。同じく石垣も残されていますよ。現在は公園の一部として、きれいに整備されており、お堀の周りをゆったりと歩くことができます。

九華公園

それほど広い公園ではありませんが、木や花などが多く、自然を感じながら過ごせます。春は桜が有名なので、その時期に訪れてみるのもいいかもしれませんね。


住所:三重県桑名市吉之丸5-1
駐車場:有り(無料)
ホームページ:九華公園