結婚のデメリット

■自分の自由な時間が減る


結婚して夫婦で同じ家に暮らし始めると、独身のように悠々自適に生活することはできなくなります。
新婚のうちは愛する人とずっと一緒にいられて幸せと思えるかもしれませんが、時間が経てば時には鬱陶しいと思うことも出てくるでしょう。

仕事で疲れたから一人でゆっくりしたくてもなかなかできなかったり、子供が生まれたら更に自分の時間は減ってしまうと思います。

好きなように好きな時間を過ごしていた人にとっては、窮屈だと思うこともあるかもしれません。


■自由にお金が使えない


よっぽどのお金持ちなどは別として、大抵の場合お小遣い制などになり、欲しいものを買うのにも我慢が必要になってきます。
何か趣味があってコレクションしていたり、ブランド物の服が欲しかったりしても、独身のように簡単に買うことでできなくなる場合が多いと思います。

大黒柱の旦那さんにとっては、一生懸命働いても給料のほとんどが手元に来なかったりするので、今までとの違いにショックを受けてしまうかも。

結婚は幸せなことですが、不自由になる面が多いのも事実です。


■結婚して性格が変わる


全員に言えることではないと思いますが、結婚して一緒に暮らし始めたり結婚年数が長くなったりすると、夫婦お互いに「こんな人だったっけ?」と思うことがあるかもしれません。

女性の場合優しかったのに急にキツくなったり、男性の場合家ではとてもだらしなかったり、今まで見えなかった嫌なお互いの部分が見えてしまうこともあるかもしれません。

なので結婚するにはある程度の年月のお付き合いが必要だとは思いますが、何よりも、嫌なところもカバーできるぐらいの長所を見つけたり愛する気持ちを持つことだと思います。


■友達と遊んだりすることが減る


やはり家族ができると家族の時間が一番優先になってくるので、どうしても友達と疎遠になることがあるかと思います。

特に結婚して引っ越して友達と距離が離れてしまったり、独身の友達と価値観が合わなくなってしまったりして、今まで親しくしていた友達でも、だんだん距離が離れていくかもしれません。

また、子供ができると仕事や家事や育児で、なかなか人と遊べる余裕も減ってしまうと思います。
大事な友達と会いたくても会えなくなってしまうかもしれません。


■親戚付き合いが増える


今までは自分の親戚付き合いだけだったのに対し、結婚したら相手の家族や親戚とも関わらなければならなくなるので、正直めんどくさいことも多いと思います。

親戚付き合いが少ない家もありますが、特に田舎の方だとそういったしきたりがしっかりしていたり、何度も親戚で集まらなければならなかったりして、大変なことも多いと思います。

付き合いがある度にせっせと振舞わなければならなかったりして、気疲れしてしまうこともあります。

また、女性の場合だと嫁姑問題が出てきたりすることも多いですね。
自分の家族や親戚とは違うので、親戚面で苦労することも多々あると思います。




独身のメリット

■金銭面が自由


結婚をしたら、独身のように自由にお金を使うわけにはいきません。
夫婦で協力して生きていかなければならないので、もちろん節約も必要となってきます。

男性の場合は、お小遣い制になる人も少なくなりでしょう。今までとは違い、限られたお金の中でやりくりしていかなければなりません。

独身時代は欲しいものがあったらすぐに買っていた人も、結婚してからはある程度の我慢が必要になります。

そういった面では独身時代の方が、自分が使いたい時に自由にお金を使うことができることだと思います。


■人との付き合いが自由


会社から帰った後の時間や休日など、自分のプライベートの時間を自由に使えることは、独身の特権。
結婚しているとたまにはいいですが、毎日のように家族をほったらかして遊びに行ってしまっては、よっぽど器の大きいパートナーじゃない限り、怒ってしまう人が多いと思います。

また、友達や同僚と遊びに行くとしても、どこに行く、何時に帰るなど伝えなければならない義務もないですし、拘束されることもありません。

結婚したら家族が中心ですが、独身時代は自由です。


■どんな恋愛でも自由


極端な話独身なら、独身者通しで浮気しても、他に好きな人ができてしまっても、ちろん付き合っている人を裏切ることにはなりますが、今付き合っている人と別れて付き合えばいいだけなので何の問題もありません。

ですが結婚してしまってから奥さんや旦那さんより好きな人ができてしまったり、関係を持ってしまったら、離婚と言う大事になってしまいます。

慰謝料や親権などを争うこともあるかもしれません。

独身なら基本的にはどんな恋愛をしようと個人の自由なので、もしそのようなことがあったとしても金銭的なトラブルになったりもしません。独身のメリットは、恋愛において縛られることがないことなのです。


■生活を変えるのが自由


例えば仕事を辞めたり転職したり、他の場所へ引っ越したり、色々な趣味を持ったり、独身者は自分の生活スタイルを、自分の自由に決めることができます。
一人の時間を大切にしたり、自分の考えを実行に移せたり、自由きままに生活を変えることができます。

結婚したら仕事が嫌だから転職、かわいいアパートがいいから引越し、なんてこともなかなかできないでしょう。
何をするにも相手の同意が必要になってきます。

誰かに縛られるのが嫌い、自分の好きなようにしたい、と言う方は、結婚したら独身時代を懐かしむこともあるかもしれませんね。


■女性がバリバリ働きにくくなる


女性は結婚して子供ができたりすると、今までのように朝から晩まで働くのが大変になってきたりします。

もちろん女性の社会進出が進んで理解のある会社は増えてきているものの、子供が熱を出して急に休んだり、子育てと仕事の両立でストレスが溜まったりして、辛いことも多いと思います。

仕事が大好きな人、バリバリ働きたい人に結婚したくないと言う人が多いのは、今までのように仕事一筋で生きていけなくなってしまうからなのかもしれませんね。



結婚のメリット

■家族のために頑張れる


独身でも仕事を頑張っている人は多いと思いますが、パートナーや子供が生まれて家族ができることによって、より一層仕事へのモチベーションが上がるのではないでしょうか。

特に男性ですと、家族を守るために頑張ろう!と思う人が多く、同時に自分を高めることもできると思います。

また、マイホームを建てたりするとプレッシャーはありますが、男としての自信も生まれ、仕事の業績も上がることがあります。


■精神的な安らぎ


どんなに疲れていても、不安があっても、そこに家族がいてくれると言うことはものすごい安心感があります。
今まで一人で抱えていた心配ごとなども、パートナーと共感して解決していくことができます。

家に帰って来た時に、大切なパートナーと温かいご飯が待っていると、気持ちまで温かくなりますね。
一人暮らしとは違い、精神的にホッとできる空間が家族なんだと思います。


■好きな人と一緒にいられる


夫婦になると言うことは、一緒に暮らすと言うこと。
大好きな伴侶とずっと一緒にいられると言うことは、結婚の大きなメリットではないでしょうか。

時にはケンカすることもあるかもしれませんが、やはり大切な人と一緒に暮らせると言う事はとても嬉しいこと。

特に今までなかなか会えなかった人や遠距離恋愛だった人にとっては、これが一番のメリットとなることでしょう。


■将来的な不安が減る


独身でいるとやはり不安になるのが将来・老後のこと。
これからの人生子供もおらず、ずっと一人で生きていくのかと思うと不安になることが多いですよね。

離婚したりすることもあるので必ず不安がなくなるわけではありませんが、ずっと一緒にいて一緒に歳を重ねていければ、老後の心配も減ることでしょう。

一人で生きていくのはなかなか辛いものなので、生涯の伴侶がいると言うことは、精神的に大きな力となります。


■社会的な安定


結婚していることによって、社会からの信頼度も上がりますし、安定もします。

また、男性は小遣い制になることが多いかもしれませんが、扶養家族になったり税金が考慮されたり、家計的にも負担は減ると思います。




2015年8月 栄のお見合いパーティー

2015年8月 名駅のお見合いパーティー

2015年8月名古屋の街コン



女性からモテる男性

■モテる男性


もちろんイケメン俳優のように顔が整っていればモテるのは当然です。
しかし、全てが顔と言うわけではありません。別にイケメンではなくフツメンの男性でも、モテる人はたくさんいるのです。

それは、人より何かが優れている点があったり人とは違う特徴があるから。
転生でモテる要素を持っている人もいれば、努力してモテるようになった人もいると思います。

では、どういうタイプの人がモテるのか見てみましょう。



■笑顔が多くて爽やか


単純なことですが、いつも仏頂面をしている人より、ニコニコとしている人の方が、一緒にいて楽しい感じがしますよね。
特に自分の話に笑ってくれたり、楽しそうに自分の話をしてくれると、こちらまで楽しい気分になれます。
笑う角には福来ると言う通り、笑顔の多い男性には自然と女性も寄ってくるのではないでしょうか。

何も意味がないのにニヤニヤしているのは逆効果ですが、自然な笑顔を心がけてください。
普段あまり笑わないと言う人は表情筋が固くなっているので、笑顔の練習から始めてみてください。


■女性の話を親身に聞く聞き上手


お笑い芸人のように次から次へとおもしろい話ができる人はそれだけで人気者ですが、普通の男性はネタを持っているわけではないので、そんなにおもしろい話なんてできませんよね。

でも大丈夫。

男性と女性、どちらかと言えば話好きなのは女性の方です。女性は自分の話を聞いて欲しい生き物なのです。ですので、話し上手じゃなくても、女性の話を聞いてうまく返せる人はモテます。

ただ、聞き方にも色々とコツはあり、相槌を打っているだけ、上からアドバイスばかりする、相手の話を否定する、などと言った聞き方は聞き上手ではありません。
女性は共感して欲しい場合が多いので、あまり否定などをせず、適度に自分の意見も交えつつ聞いてあげると喜ばれます。

あまり女性と関わらない方は最初は難しいかもしれませんが、婚活パーティーなどで色々な女性とお話すれば慣れてきますよ。


■明るくクヨクヨしない楽天家


男性にはどんと構えていて欲しい、それが女性の願いの一つ。
将来のことを考えた時に、小さなことでいちいち悩んだり落ち込んだりモジモジしたりする男性は、一家の大黒柱としても頼りありません。

いつでも明るく女性が落ち込んだ時に、ポジティブに励ましてくれるぐらいの人じゃないと、女性からはモテませんよ。
前向きに明るく生きている人は、同姓からも異性からも人気があるものです。


■マメで真面目な男性


若い頃の女性は、ちょっと悪い感じの男性に憧れる時期もある人も多くいます。
色黒で茶髪で髭がはえたワイルドな男性に恋心を抱く、ただ、それはあくまでも若い頃の話です。

人の好みによるのでそういったちょい悪なイメージの男性が好きな女性ももちろんいますが、大人になると、やっぱりしっかり仕事をこなし、マメで真面目な男性がいいと言う人が多くなると思います。

恋愛だけならチャラそうな人でもいいかもしれませんが、これから結婚するとなると、やはり真面目な人が一番だからです。

真面目な人は几帳面でマメなので、女性と付き合っていく上でも安心して付き合えますし、浮気の心配も少なくなります。
見た目に自信がなくても、取り得がないと思っていても、真面目さは男性の武器なのです。


男性からモテる女性

■モテる女性


男性にも言えることですが、美しい女優のように、スタイル抜群のモデルのように、かわいらしいアイドルのように、見た目が良ければ性格が少しぐらい悪くても、正直男性からはとてもモテます。

ただ、見た目が全てではありません。
絶世の美女でもないのに、やたらモテている女性っていますよね。そういった女性は、男性を惹き付ける何かを持っているのです。

ではどんな女性がモテるのか見てみましょう。


■気配り上手


例えばコンパなどで自然に食べ物を取り分けたり、話に入れない人を気に掛けたり、そういった周りに気配りができる女性はかなりモテます。
押し付けがましかったりわざとらしかったりすると逆効果ですが、自然に気を遣える人は、優しい人だなと好印象なのです。

付き合ったとしても自分にも気を利かしてくれると思われ、男性からのイメージは○。
普段から周りのことを気に掛けていると、自然とできるようになると思います。


■笑顔で甘え上手


男性からしたら、バリバリ仕事をこなすキリッとした女性よりも、ちょっとぬけてるぐらいのほんわかした女子の方が人気があります。本能的に、守ってあげたくなるからです。

過度なものは引かれてしまうのでいけませんが、軽くボディータッチしたり、寄り添ってみたり、女の子としてのかわいらしさを存分に出している女性はモテますよ。ちょっとぐらいのぶりっ子ならオッケーです。

そしてやはりいつでもニコニコしていると明るくて一緒にいる人まで楽しくします。笑顔も忘れないことが必須です。


■明るくポジティブ思考


話していて楽しい人は、男女共にポジティブな人。
いつも暗かったり後ろ向きな発言ばかりする人は、こちらまで嫌な気分になって、人が離れていきます。

落ち込むことや悩むことはありますが、基本は前向きに笑顔で。
また、女性は悪口を言うことも多いと思いますが、そういった話は男性はあまりいい気がしないようなので、できるだけしない方がいいと思います。

太陽のように明るく楽天的な人は、異性のみならず、同性からも好かれますよ。


■雰囲気美人


顔はイマイチでも、なんとなく雰囲気がいい女性っていますよね。
そういう人は、メイクやファッション、スタイル維持など、自分がモテるような努力をしています。

また、料理が上手だったり、話のネタが多かったり、向上心に溢れていたりするのです。

もちろん美人はそれだけでモテますが、外見にしろ内面にしろちょっとした努力で、男性からの見る目も変わります。

もし自分の容姿にあまり自信がないのならば、ファッションやメイクを変えてみたり、内面を磨いてみたり、そういった努力が必要だと思いますよ。


■自分を持っている


女性から見ても憧れる女性だと思いますが、周りや流行に流されず、自分を持っている女性は素敵です。

はやりのファッションばかりして、ブランドものばかり持って、そういったことはもちろんおしゃれだとは思いますが、自分のポリシーを持つことはすごく大事なことだと思います。

生き方も自分らしさを貫いている人はかっこいい。
考えがしっかりしている女性は男性からの印象もいいですよ。

お見合いパーティーでのメアド交換

■メアド交換は交際への第一歩


婚活パーティーでいくら良い相手に出会えても、連絡先を交換しなければ次への発展はありません。

皆さん運命の相手を見つけに来ているわけで、町でいきなり知らない人に連絡先を教えるわけではないので、アドレスを渡されたからって驚く人はいません。

お見合いパーティーでは気に入った人がいたのなら必ずゲットする!と言うぐらいの強い思いでないと次へは繋がりませんよ。連絡交換は結婚への第一歩なのです。



■パーティー中に連絡先を渡す


もちろん、お互いに意気投合してカップル成立すれば、そこで連絡先を交換して次の会う約束をしてもいいのですが、もしもパーティー中に「この人だ!」と思う相手にめぐり合えたのなら、アドレスを書いた紙をフリートークの最中に渡すと言う方法もありなんですよ。

自分から渡すことで印象付けられますし、もらった相手は自分を気に入ってくれているので嫌な気はしません。


■パーティー後に連絡をする


連絡交換をしたら、早めにメールを送ると好印象がもたれます。
そこから何度かメールのやり取りをし恋へと発展するかもしれないので、印象が薄れていかないうちに、親密になっていくことが良いでしょう。

また、焦るのはいけませんがメールだけで終わってしまっては意味がないので、パーティーから時間が経たないうちに会う約束をした方がいいですよ。
パーティーではうまくいってもその後の関係に繋げるのはなかなか難しいと言われていますが、何はともあれ会って話をしなければ進まないので、とにかく相手と会って話してみることをおすすめします。


■駆け引きよりも、早く返信する


連絡交換後、気に入った相手とメールのやり取りをすることになると思います。
その時に気をつけるべきことは、相手からのメールにできるだけ早く返信すること。

仕事などで返せない時は別として、早く返してあげると好感がもたれます。

駆け引きしてやろうとかじらしてみようと言う余計な考えは避けたほうがよく、返信してくるのがいつも遅い人はいい加減な気がして、せっかく盛り上がっている気持ちも萎えてしまいますよ。


■メールはシンプルに気持ちをこめて


メアド交換できたからと言って、もう付き合っているかのように勘違いし、相手への熱い気持ちをメールでぶつけてしまう人がいます。
相手のことを思うと言うことはいいことですが、最初から飛ばし過ぎて、君のことが頭から離れない、君を愛しているなんていう熱い文章は避けたほうが無難です。重い人だと思われ、その後うまくいかなくなってしまいます。

メールし始めは固くてもいいのでできるだけ丁寧にメールした方が相手への印象がいいですよ。

その後はあまり固くならず熱くならず、長すぎる文章も避け、「好きな映画はありますか?」「この間言った○○と言うお店がとてもおいしかったですよ」など、自然な文章を心がけましょう。
シンプルですが会話から次の約束に繋げやすく、相手にとっても返信のしやすいメールなので、お互い苦にならずにメールを続けられます。

お見合いパーティーにどんな参加者がいるか

■どんな人が来るの?


お見合いパーティーと言えばひと昔前まではネルトンパーティーと呼ばれていたこともあり、冴えない人、モテない人、オタクな人しか来ないと思っている人もいるかもしれません。
しかし現在では実に様々な企画があり、ホテルなどのおしゃれな会場で開催されることも多く、色々な人が参加するパーティーとなっています。
もちろんモテないから来ると言う人もいるでしょうか、外見も性格も普通の人たちがほとんど。
では、どんな人が来ているのか見てみましょう。




■なぜお見合いパーティーに参加するか


お見合いパーティーに参加する人たちは出会いを求めて来ています。それは、普段の生活ではほとんど出会いがないからなのです。

例えば男性ばかりの職場だったり、恋人と別れたばかりで出会いがなかったり、紹介してもらうと断りづらいから嫌だったり…理由は様々ですが、普通の人たちが、普通の出会いを求めて参加するのがお見合いパーティーなのです。

極めて派手な人はほとんどいませんし、皆さん社会人なので普通のサラリーマンやOLといった感じの方が多いですよ。
なので、気軽に参加してみるといいと思います。


■三高は求めていない?


バブル全盛期は、高学歴、高収入、高身長のいわゆる三高男性が好まれていました。しかし時代は変わり不景気の世の中。

もちろんセレブ婚を望む女性はいますし、お金はないよりあった方がいいと思うのは当たり前。ですが、この現代では、三高より"普通"の人を望む声の方が多く聞かれます。

そういった面からも、セレブ婚向けのお見合いパーティーもありますが、普通の会社員男性との結婚を望む女性も増えています。なので男性は、自分はエリートじゃないから、高収入じゃないから、と卑下する必要は全くありません。

働いていないのは女性にとって問題ですが、普通のサラリーマンならば出会えるチャンスはたくさんありますよ!自信を持って参加してください。


■中高年の参加者


お見合いパーティーの参加者で一番多いのは、もちろん結婚適齢期の20代30代なんですが、最近では中高年向けのお見合いパーティーも多く、参加者も増えています。

晩婚化が進み、40代以降でも結婚していない人も多くなっています。
街コンや合コンで出会える年齢でもなく、なかなか出会いの場がなくなってしまった中、40代や50代限定のお見合いパーティーは、中高年が異性と出会える少ない場となっているのです。

同姓も異性も自分と同年代の人たちばかりなので、気兼ねなく参加できます。
もし中高年で出会いを探しているならば、参加してみるのもありだと思いますよ。


■バツイチの参加者


晩婚化と同様、離婚率も近年とても増えているそうです。離婚暦があったり子供がいたりすると、もう結婚できないんじゃないかと思い、諦めてしまっている人もいるかもしれません。

しかし、お見合いパーティーではバツイチ、再婚者向けの企画も多くあります。
様々な会社で行われているパーティーですが、離婚率が高い現代、このパーティーは大変人気があり、予約がすぐに埋まってしまうことも多いようです。

人生の再出発を、お見合いパーティーから始めてみるのもいいかもしれませんね。