お見合いパーティーにどんな参加者がいるか

■どんな人が来るの?


お見合いパーティーと言えばひと昔前まではネルトンパーティーと呼ばれていたこともあり、冴えない人、モテない人、オタクな人しか来ないと思っている人もいるかもしれません。
しかし現在では実に様々な企画があり、ホテルなどのおしゃれな会場で開催されることも多く、色々な人が参加するパーティーとなっています。
もちろんモテないから来ると言う人もいるでしょうか、外見も性格も普通の人たちがほとんど。
では、どんな人が来ているのか見てみましょう。




■なぜお見合いパーティーに参加するか


お見合いパーティーに参加する人たちは出会いを求めて来ています。それは、普段の生活ではほとんど出会いがないからなのです。

例えば男性ばかりの職場だったり、恋人と別れたばかりで出会いがなかったり、紹介してもらうと断りづらいから嫌だったり…理由は様々ですが、普通の人たちが、普通の出会いを求めて参加するのがお見合いパーティーなのです。

極めて派手な人はほとんどいませんし、皆さん社会人なので普通のサラリーマンやOLといった感じの方が多いですよ。
なので、気軽に参加してみるといいと思います。


■三高は求めていない?


バブル全盛期は、高学歴、高収入、高身長のいわゆる三高男性が好まれていました。しかし時代は変わり不景気の世の中。

もちろんセレブ婚を望む女性はいますし、お金はないよりあった方がいいと思うのは当たり前。ですが、この現代では、三高より"普通"の人を望む声の方が多く聞かれます。

そういった面からも、セレブ婚向けのお見合いパーティーもありますが、普通の会社員男性との結婚を望む女性も増えています。なので男性は、自分はエリートじゃないから、高収入じゃないから、と卑下する必要は全くありません。

働いていないのは女性にとって問題ですが、普通のサラリーマンならば出会えるチャンスはたくさんありますよ!自信を持って参加してください。


■中高年の参加者


お見合いパーティーの参加者で一番多いのは、もちろん結婚適齢期の20代30代なんですが、最近では中高年向けのお見合いパーティーも多く、参加者も増えています。

晩婚化が進み、40代以降でも結婚していない人も多くなっています。
街コンや合コンで出会える年齢でもなく、なかなか出会いの場がなくなってしまった中、40代や50代限定のお見合いパーティーは、中高年が異性と出会える少ない場となっているのです。

同姓も異性も自分と同年代の人たちばかりなので、気兼ねなく参加できます。
もし中高年で出会いを探しているならば、参加してみるのもありだと思いますよ。


■バツイチの参加者


晩婚化と同様、離婚率も近年とても増えているそうです。離婚暦があったり子供がいたりすると、もう結婚できないんじゃないかと思い、諦めてしまっている人もいるかもしれません。

しかし、お見合いパーティーではバツイチ、再婚者向けの企画も多くあります。
様々な会社で行われているパーティーですが、離婚率が高い現代、このパーティーは大変人気があり、予約がすぐに埋まってしまうことも多いようです。

人生の再出発を、お見合いパーティーから始めてみるのもいいかもしれませんね。