お見合いパーティーでのメアド交換

■メアド交換は交際への第一歩


婚活パーティーでいくら良い相手に出会えても、連絡先を交換しなければ次への発展はありません。

皆さん運命の相手を見つけに来ているわけで、町でいきなり知らない人に連絡先を教えるわけではないので、アドレスを渡されたからって驚く人はいません。

お見合いパーティーでは気に入った人がいたのなら必ずゲットする!と言うぐらいの強い思いでないと次へは繋がりませんよ。連絡交換は結婚への第一歩なのです。



■パーティー中に連絡先を渡す


もちろん、お互いに意気投合してカップル成立すれば、そこで連絡先を交換して次の会う約束をしてもいいのですが、もしもパーティー中に「この人だ!」と思う相手にめぐり合えたのなら、アドレスを書いた紙をフリートークの最中に渡すと言う方法もありなんですよ。

自分から渡すことで印象付けられますし、もらった相手は自分を気に入ってくれているので嫌な気はしません。


■パーティー後に連絡をする


連絡交換をしたら、早めにメールを送ると好印象がもたれます。
そこから何度かメールのやり取りをし恋へと発展するかもしれないので、印象が薄れていかないうちに、親密になっていくことが良いでしょう。

また、焦るのはいけませんがメールだけで終わってしまっては意味がないので、パーティーから時間が経たないうちに会う約束をした方がいいですよ。
パーティーではうまくいってもその後の関係に繋げるのはなかなか難しいと言われていますが、何はともあれ会って話をしなければ進まないので、とにかく相手と会って話してみることをおすすめします。


■駆け引きよりも、早く返信する


連絡交換後、気に入った相手とメールのやり取りをすることになると思います。
その時に気をつけるべきことは、相手からのメールにできるだけ早く返信すること。

仕事などで返せない時は別として、早く返してあげると好感がもたれます。

駆け引きしてやろうとかじらしてみようと言う余計な考えは避けたほうがよく、返信してくるのがいつも遅い人はいい加減な気がして、せっかく盛り上がっている気持ちも萎えてしまいますよ。


■メールはシンプルに気持ちをこめて


メアド交換できたからと言って、もう付き合っているかのように勘違いし、相手への熱い気持ちをメールでぶつけてしまう人がいます。
相手のことを思うと言うことはいいことですが、最初から飛ばし過ぎて、君のことが頭から離れない、君を愛しているなんていう熱い文章は避けたほうが無難です。重い人だと思われ、その後うまくいかなくなってしまいます。

メールし始めは固くてもいいのでできるだけ丁寧にメールした方が相手への印象がいいですよ。

その後はあまり固くならず熱くならず、長すぎる文章も避け、「好きな映画はありますか?」「この間言った○○と言うお店がとてもおいしかったですよ」など、自然な文章を心がけましょう。
シンプルですが会話から次の約束に繋げやすく、相手にとっても返信のしやすいメールなので、お互い苦にならずにメールを続けられます。