独身のメリット

■金銭面が自由


結婚をしたら、独身のように自由にお金を使うわけにはいきません。
夫婦で協力して生きていかなければならないので、もちろん節約も必要となってきます。

男性の場合は、お小遣い制になる人も少なくなりでしょう。今までとは違い、限られたお金の中でやりくりしていかなければなりません。

独身時代は欲しいものがあったらすぐに買っていた人も、結婚してからはある程度の我慢が必要になります。

そういった面では独身時代の方が、自分が使いたい時に自由にお金を使うことができることだと思います。


■人との付き合いが自由


会社から帰った後の時間や休日など、自分のプライベートの時間を自由に使えることは、独身の特権。
結婚しているとたまにはいいですが、毎日のように家族をほったらかして遊びに行ってしまっては、よっぽど器の大きいパートナーじゃない限り、怒ってしまう人が多いと思います。

また、友達や同僚と遊びに行くとしても、どこに行く、何時に帰るなど伝えなければならない義務もないですし、拘束されることもありません。

結婚したら家族が中心ですが、独身時代は自由です。


■どんな恋愛でも自由


極端な話独身なら、独身者通しで浮気しても、他に好きな人ができてしまっても、ちろん付き合っている人を裏切ることにはなりますが、今付き合っている人と別れて付き合えばいいだけなので何の問題もありません。

ですが結婚してしまってから奥さんや旦那さんより好きな人ができてしまったり、関係を持ってしまったら、離婚と言う大事になってしまいます。

慰謝料や親権などを争うこともあるかもしれません。

独身なら基本的にはどんな恋愛をしようと個人の自由なので、もしそのようなことがあったとしても金銭的なトラブルになったりもしません。独身のメリットは、恋愛において縛られることがないことなのです。


■生活を変えるのが自由


例えば仕事を辞めたり転職したり、他の場所へ引っ越したり、色々な趣味を持ったり、独身者は自分の生活スタイルを、自分の自由に決めることができます。
一人の時間を大切にしたり、自分の考えを実行に移せたり、自由きままに生活を変えることができます。

結婚したら仕事が嫌だから転職、かわいいアパートがいいから引越し、なんてこともなかなかできないでしょう。
何をするにも相手の同意が必要になってきます。

誰かに縛られるのが嫌い、自分の好きなようにしたい、と言う方は、結婚したら独身時代を懐かしむこともあるかもしれませんね。


■女性がバリバリ働きにくくなる


女性は結婚して子供ができたりすると、今までのように朝から晩まで働くのが大変になってきたりします。

もちろん女性の社会進出が進んで理解のある会社は増えてきているものの、子供が熱を出して急に休んだり、子育てと仕事の両立でストレスが溜まったりして、辛いことも多いと思います。

仕事が大好きな人、バリバリ働きたい人に結婚したくないと言う人が多いのは、今までのように仕事一筋で生きていけなくなってしまうからなのかもしれませんね。