年上女性へのアプローチ方法

■年上女性へ恋したら


夫婦やカップル全体の、6割が男性が年上、2割が同い年と言う数値が出ているそうですが、現代では、年上の女性を選ぶ男性も増えているんだとか。いわゆる姉さん女房ですね。

年上が好きな人もいれば、好きになった人がたまたま女性だった人もいると思います。
1つぐらいの歳の差なら同い年とほとんど変わりないかと思いますが、3つ以上離れていると、どうしてもお姉さんと言うイメージが強いことでしょう。同い年の子と接する場合とはちょっと変わってくると思います。

では、年上女性へのアプローチ方法を見ていきましょう。


■まぜ年下を選ぶ男性が多いのか


年上女性を選ぶ人が増えていると言っても、やはり圧倒的に年下女性と結婚する人の方が多いのが現実。
ではなぜ男性は年下女性を選び、女性は年上男性を選ぶのか。

それはやはり男性は頼れる存在であることから。

もちろん見た目も力も男性の方がたくましいですし、本能的に女性は男性に守られたいと言う願望があります。
太古の昔から、力が強くて狩りが得意な男性は女性にモテてきました。
長い時間を経てもそれは変わりなく、自分を守ってくれて仕事ができて家族を支えてくれる男性は女性にとっては魅力的です。

学生時代に女子が先輩男子に憧れたように、大人になってもそれはあまり変わらない傾向にあるようです。


■女性は年上が好き


今説明したように、年上男性へ憧れる女性が多いため、もし男性が年上女性を好きになったとしても、なかなかアプローチするのが難しい場合が多いようです。

女性は歳をとることに抵抗があるので若い男の子から告白されたとしても、本気にしなかったり、若い分結婚は当分できないと断ったりする場合もあるようです。

年下は考えられないと言う女性も多いようですし、相思相愛でない限り、困難なスタートラインになると思っておいた方が良いでしょう。

それでも相手が年下好きの場合もありますし、真剣に思いを伝えればちゃんと伝わると思うので、諦めることはありません。歳は問題ではなく、相手への気持ちが大切なのです。


■年上女性へのアプローチ


やはり歳が離れていると、女性からしたら弟や後輩のように見えてしまうと思います。
しかし男性はプライドが高い生き物なので、歳のせいで女性より下に見られることを嫌い、無理にかっこつけたり背伸びしてしまう人も多いようです。

そこで自分は会社でこんなにすごいんだアピールをしたり武勇伝を語ったり、そういったことで威厳を保とうとする人がいますが、女性は男性の自慢話が嫌いなので逆効果。止めたほうが無難です。

また、無理に高い物を買ってあげたり高級レストランを用意したりすることもありません。女性も年下だと分かって付き合っているので、ありのままの自分をさらけ出せばいいと思いますよ。
女性は年上男性が好きな人が多いですが、母性本能も持っているので、ちょっと甘えてくるぐらいの男性は素直にかわいいと思うことができます。

ただいつまでも甘えるだけではやっぱり年下は頼りないなと思われてしまうので、時にはしっかりした一面を見せて、頼れる男性だと言うこともアピールしてください。


■年上女性と付き合う上で


付き合ったり結婚したりするうちに、年上女性からの嫉妬や束縛に悩まされることもあるかもしれません。

なぜなら女性からしたらやはり若い男性と一緒にいるので、年取った自分より若い女の子の方がいいんじゃないかと思い始めるからです。

そこで男性の態度も大事になってきます。

あまりにもしつこく嫉妬されたりするとうっとうしくなって邪険に扱ってしまうこともあるかもしれませんが、それは逆効果。
余計に女性にストレスを感じさせてしまいます。

女性からしたら浮気が心配で仕方ないので、自分は相手のことだけを愛しているんだと言うことをちゃんと伝えてください。どうしても付き合いが長くなるとそういったことも言わなくなるかもしれませんが、最初だけではなく、行動や態度で愛を示してあげましょう。

安心させてあげれば嫉妬や束縛も減ると思います。

若い子のようなピチピチ感はないかもしれませんが、年上女性は大人の魅力がいっぱいあります。ぜひ良い恋愛を。