年下男性へのアプローチ方法

■年下男性へ恋したら


母性本能をくすぐる年下男性はかわいいものですが、時に頼りになる男っぽい姿などを目の当たりにすると、そのギャップにやられ、一気に彼に恋愛感情を持ってしまうと言うこともよくあることです。

ただ、どうしても女性の方が年上となると、若い子の方が好きなんじゃないかとか、おばさんだと思われていないかだとか、心配の方が上回って行動に移せない場合も多いようです。

そんなこんなしているうちに彼に彼女ができ、チャンスを逃してしまったと言うことも。

年上には年上の魅力がたくさんあるので、その魅力を生かし、彼のハートを射止めてみませんか?


■相談に乗ってあげる


年上の分、人生経験や社会経験も長いので、男性の相談や愚痴を親身になって聞いてあげましょう。
自分の豊富な経験から、アドバイスできることも多いかと思います。

男性はプライドが高いので、できる男だと言うことの自慢などをしてくることが多いかもしれません。そのような時に「若造が何言ってんだ」と呆れずに、聞いてあげられることも大人の女性の魅力だと思います。

あまり否定したり注意するのではなく、彼に同意したり少しアドバイスする程度で、彼はきっと満足することでしょう。

便りになり、包容力がある女性だと彼からの高感度が上がりますよ。


■時にはかわいさも見せて


年上の女性は憧れの存在かもしれませんが、あまりにしっかりしていると恋愛対象外になってしまいます。いつだってモテる女性は完璧な美人では、少しぬけているぐらいの女性なのです。

なので頼りがいのある姉御と思われているだけではそれまでの関係になってしまいます。

時には彼に甘えてみたり愚痴を言ってみたり、人間らしさを出してみると、彼は親近感を持ってくれますよ。

年上だから全部やってあげなきゃと思うのは分かりますが、何もかも自分がやるのではなくたまには彼に頼ってみたりすると、彼も自尊心が満たされて、あなたのことを守りたいと思い始めます。

あまり甘やかしすぎても何でもやってくれると思って調子に乗ってしまうので、そういったことは避けるようにしましょう。


■年下男性へのアプローチ


同い年や年上の男性にアプローチするのとは少し違ってくるかと思います。
年下男性からしたらお姉さんと言うイメージがあり頼れる存在な部分はあるので、どちらかと言うと自分から誘ったり、自分でデートのプランを立てたりと、リードしていかなければならないと思います。

また、甘えるのが好きな女性でも、年下男性には甘えさせてあげなければなりません。優しさで包み込めるような包容力のある女性でいることを心がけましょう。

年下男性にとっては自分に好意があるのか、弟的な存在だと思われているのか、分かりにくいところがあると思います。
なので少しぐらい強引に誘ってみてもいいんじゃないでしょうか。


■嫉妬や束縛はしない


彼にとって落ち着いている大人の女性は、浮気や男性の心配をしなくて済みます。チャラチャラした若い女の子と違い大人の女性にはそういった魅力もあるのですが、女性からしたら自分より若い彼氏は浮気が心配でしょうがないことでしょう。

そこで始まる嫉妬や束縛。
男性にとって一番嫌なのはこれらです。

歳を取った自分より若い子の方がいいんじゃないかとか、彼より先に歳を取る自分が嫌で束縛したりだとか、年上女性だと多くの人が心配してしまいます。

気持ちは分かりますが、そこで必要以上に嫉妬などを繰り返すと逆効果。彼にとってはその行為がうっとうしく、逆に他の人に目が行ってしまったりします。

いつでも自身を持って彼を信じていれば、そこまで浮気の心配をしなくて済むんじゃないでしょうか。過度な束縛も相手を疲れさせて心を離してしまうので、そういったことはできるだけしないように心がけてみましょう。自分もストレスが溜まり、余計に老け込んでしまうかもしれません。