理系女子へのアプローチ方法

■理系女子とは


一時期話題になった、「リケジョ」と呼ばれる理系女子たち。いわゆる、理工学系出身で、理系の仕事に就いている女性のことを言います。

男性が多い理系は、大学だと女性は1割しかいないところも多いのだとか。

そんな女性たちへ恋をしたらどうすればよいのか、早速みてみましょう。


■理系女子の特徴


メガネに白衣、真面目で賢いイメージのあるリケジョ。
難しいことを常に考えているためか、物事において理論で考え、恋愛においても感情では動きません。頭で分析して行動するので、冷静な人が多いと言っていいでしょう。

知らないことを知ることが好きですが、興味のないことには全く興味がありません。また、人から教えられることなどはあまり好きではなく、プライドが高い性格の人が多いです。

しかしそれは今までの努力があったから。
熱心に勉強に励み、今の地位を築いたんだと言う気持ちがあります。

彼女たちはどこかとっつき難いイメージがあるかもしれませんが、人一倍努力をしてきた努力家なのです。

また、男性の中にいることが多かったせいか、女性特有の集団行動を嫌います。女性通しで戯れることはしません。
女性通しで集まって人の悪口を言ったり噂話をしたり、そういうのが嫌いな男性には合うと思いますよ。


■理系女子へのアプローチ


頭が良いですが、恋愛においてはとても鈍感。
ちょっとアプローチしたぐらいでは気づかないことも。それは恋愛慣れしていないからなのです。

と言っても性格はとても真面目なので、いきなり告白してくるような男性には振り向きません。
まずは友達として仲良くなってみることが良いでしょう。

好きなことなどが他の女性と違う場合が多いので、まずはリサーチすることが大事。好きなものについて話してみたり、彼女の話を聞いてあげたり、そういったことから距離を縮めていきましょう。

一見近寄りがたいイメージもありますが、根は素直でかわいらしいところも。
知れば知るほど、気づかなかった魅力にたくさん気づくかもしれませんね。


■理系女子の好きな男性


一番話が合うと思われるのは、やはり同じ考え方を持つ理系男子。
変わったところがあるお二人ですが、興味のあることなどが似ているので、お互い気が合うことでしょう。

普通の女子とは違った考え方をするので、そういったことを個性と捉えられる男性には楽しい存在になると思います。
逆に彼女の理論っぽい話や専門的な話を、めんどくさいと思うのであれば長くは続かないでしょう。

理系女子は自分より頭の良い人、または自分より知識をたくさん持っている人が好きです。
自分の知らない世界を色々と教えてくれる人の話は素直に聞きます。

だからと言って、上から目線で「俺の方が知ってる」と言う感じで話すのは、彼女の高いプライドを傷つけてしまい、嫌われることもあるので注意。


■理系女子との恋愛


甘えたり頼ったり、普通の女性が恋人にするようなことを、理系女子はしません。
男性と対等に生きてきたため、自立した女性が多いのです。

なので人から馬鹿にされたり下に見られたりするのが大嫌い。プライドが高い人が多いので、もしもケンカになったとしても、理系女子のちょっと変わったところを指摘したりするような、プライドを傷つけることを言ってはいけません。

理系だけにとどまらず、知らないことを知ることが好きなので、デートは図書館や美術館、科学館、博物館など、知識が詰まったような場所が好まれるかもしれませんね。

普段絶対行かないような場所に連れていってあげるのもおすすめ。
行ったことのないところ、見たことのないところは、基本的に好かれます。