文系女子へのアプローチ方法

■文系女子とは


理系女子とは逆に、理数系を苦手とし、国語や社会と言った科目が得意だった女性のことを文系女子と言います。
物事を理論付けて考えるのではなく、自分の感性や直感で考える女性です。

女性は理系より文系を得意とする人が多く、理系女子より文系女子の割合の方が多いと思われます。


■文系女子の特徴


感情豊かな人が多く、静かで控えめ。
とは言え、人とのつながりを大切にしており、友達付き合いなども大事にします。そのため、コミュニケーションが得意な人が多いようです。

冷静に物事を分析する理系女子とは違い、時には感情的になることも。ひとたび恋に落ちると周りが見えないほど、熱烈に恋に落ちてしまうこともあります。

恋に夢見るロマンチストな部分もあるので、女性らしいと言えば女性らしい性格。
しかし感情的な性格ゆえ、彼氏がいても他にいい人がいれば今度はそちらに恋をしてしまうと言う事もあるかもしれません。

芸術面においても優れた人が多いのが特徴です。


■文系女子へのアプローチ


文系女子はとにかく甘え上手。理系女子と比べれば雲泥の差。
小悪魔的な要素もあるので、たとえ相手が好きではない男性だったとしても、上手に甘えてしまいます。

そのため、ちょっと甘えられたからと言って、相手が自分のことを好きだと思ってはいけません。
他の男性にも同じことをしているかもしれませんし、積極的に恋愛をしようとコンパなどにも多く参加しているので、油断している間に他の男性に取られてしまったと言うこともあるでしょう。

基本的にそのかわいらしい仕草から、男性にはモテる人も多いのが文系女子。

自分に振り向いてもらうには、ほったらかしにされるのが嫌いな女性が多いので、毎日マメに連絡を取ること。メールや電話でも良いので、常に繋がっていることを好みます。
時間が合えば、何度も食事やデートなどに誘うのも良いでしょう。

人気のレジャースポット、テーマパークなどのデートスポットがおすすめです。


■文系女子の好きな男性


自分と同じような文系男子と恋に落ちれば、お互い感情的なので、燃えるような情熱的な恋をすることでしょう。
話も合いますし、どちらかと言えば女性的な考えも持っている文系男子といる時間は、気が合いとても楽しい時間になると思います。

しかしお互いヒートアップして冷静ではいられない性格なので、何度も衝突してしまうかもしれません。

その点理系男子は、常に冷静に物事を判断するので、歯止めがかけられると思います。

文系男子、理系男子と言っても人それぞれなので一概には言えませんが、お互いの良いところを尊重し合って、あまり感情をぶつけ合わないことも大切です。


■文系女子との恋愛


感情的でロマンチストな文系女子。男性と対等に生きてきて、自分のことは何でも自分でやる理系女子とは真逆で、女性らしい扱い、少女マンガのような展開の恋愛に憧れています。

文系女子は女子会など交友関係の広く、おしゃべりが大好き。付き合っている男性に対してもそうなので、たとえ興味がなかったとしても、しっかりと聞いてあげることが大事。少しでも上の空だと、「聞いてる?」と何度も言われることも。

また、甘えるのが大好きなので、手を繋いで歩いたり、「私のこと好き?」と確認したり、マメに連絡をとったり、男性としてはちょっとめんどくさいと思うようなことも大切に思っているので、めんどくさがらずに彼女の望むことをしてあげてください。
冷めやすい、と言うより他の人にも気が行きやすいので、嫌なところが重なると、他の男性に恋愛してしまうかもしれません。

そして記念日や誕生日などは、盛大に祝ってあげましょう。
お店でサプライズにプレゼントが出てくるなんていう、ベタですが女性にとってはとても嬉しいイベントも盛り上がります。