文系男子へのアプローチ方法

■文系男子とは


冷静な理系男子とは違い、感情豊かでユーモアに溢れた人が多い文系男子。
商業系や経済学系の大学などを出ており、仕事もそういった職種に就いていることが多いです。

知的なイメージもありコミュニケーションも上手い、そんな男性は女性からの人気も高いと言えるでしょう。


■文系男子の特徴


理論で物事を考えると言うよりも、自分の感性で行動することが多い文系男子。
感情豊かで話すのも大好き、どこか女性らしい部分もあるので、女性の気持ちをよく理解することができます。女性と付き合うのが苦手な理系男子とは真逆の性格です。

コマメに連絡もしてくれ、気づいて欲しいイメチェンにも気づいてくれ、女友達のように話も盛り上がる、そんな女性に対しての扱いが上手な人も多いですよ。
しかしそれはチャライ人のように女慣れしているわけではなく、自分が女性に近い感性も持っているため、自然にできてしまうようです。

理系男子よりは何を考えているのか分かりやすく、付き合いやすい、そんな男性が多いかと思われます。

リーダーシップを取るような性格ではありませんが、物事を一途に貫くことができるので、恋愛においても付き合ったら一途に大切にしてくれることでしょう。


■文系男子へのアプローチ


黒か白かはっきりとさせたい理系とは違い、徐々に距離を縮めて仲良くなっていかなければならないのが文系男子です。

いつも穏やかで、物事を決めるのもじっくり考えて決めるのが文系の特徴なので、焦ってアプローチしてはいけません。

付き合う人のことも友達感覚で仲良くなるので、まずは友達として何度も会う事。そしてお互い理解して仲良くなっていくことが大切です。

また、女性のようなロマンチストな一面も持ち合わせているので、ときめくようなデートを考えてみると、恋愛感情に火が付くかもしれません。ひとたびスイッチが入れば、情熱的な恋になるでしょう。


■文系男子の好きな女性


女友達といるような感覚でお付き合いを楽しめる文系男子。
そのため、理論で話す理系女子より、感情豊かに話すことが出来る文系女子の方が話が合います。
女子といるような楽しさもあり、その上彼氏としても自分のことを大切にしてくれます。文系女子も感情豊かなので、お互いに惹かれ合うことでしょう。

しかし注意しなければならないのはケンカ。
お互い理論で物を話すタイプではなく感情的になってしまうので、一度ケンカするとヒートアップして収まらなくなることも。

そういった点では理系女子は自分と真逆で冷静に判断できるので、穏やかな付き合いができるかもしれません。


■文系男子との恋愛


常に感情的な恋愛をする文系男子。一度恋に落ちると盲目になり、周りが見えないほどの恋愛をすることも。
自分が女性らしい考えの部分もあるので、サプライズやロマンチックな演出もお手のもの。女性にとって望むことをたくさん叶えてくれる、嬉しい存在になりそうです。

ただその感情的な部分が裏目に出てしまい、彼女がいるのに他の人に夢中になってしまうことも考えられます。
夢中になる先が変わるのは早いと言えます。
しかしそれがちょっとした気の迷いではなく、文系男子にとってはそちらの方が本命になってしまい、別れが訪れる可能性もあるので注意。

文系男子は理系男子と違ってマメな人が多く、頻繁な連絡もあまり苦にならないので、コマメに連絡してあまり距離を空けないことが大事です。