婚活

今では当たり前のように使われるようになった「婚活」と言う言葉。
すっかり定着し、私たち一般人の間でも、普通に耳にすることも多いかと思います。

この言葉の語源は、2008年に刊行された「婚活時代」から来ています。婚活と言う言葉だけでなく、婚活そのもののブームの火付け役にもなった山田昌弘氏・白河桃子氏による書物です。

婚活とは、いわゆる「結婚活動」。

近い将来結婚したい人たちが、その目標に向けて何か活動を起こすことを言います。
この背景には、非婚や晩婚化などがあると言われ、不景気による不安もあって、結婚を意識した人が増えてきたことにもよります。

婚活と言ってもその形式は様々。

一般的に有名で手軽に参加できるのがお見合いパーティーと呼ばれる婚活ですね。一度の参加費用もそんなに高くなく、一度にたくさんの人と出会えるので、人気があります。

その他にも、ブームにもなっている街コン、定番のお見合い、敷居は高いですが確実な結婚相談所、時間がない人におすすめのネット婚活など、いろいろなスタイルがありますよ。
合う合わないがあるので、婚活初心者さんはまずは参加してみて、自分に合ったものを選んでいくと良いでしょう。

婚活とはただの流行ではなく、今や知らない人が多いほど取り組む人が多いもの。

今後婚活は更に進化し、世間一般にももっと広がっていくことが予想できます。