メールテクニック ~女性編~

■絵文字やギャル文字などをあまり使わない


女性はかわいいメールを作ったり送るのが好きな人が多いですが、男性にとっては普通のメールが一番読みやすいもの。
少し絵文字が入っているぐらいはかわいいですが、あまりにもデコデコし過ぎていると、読みにくく引かれてしまいます。

仕事でのメールのような堅苦し過ぎるものはいけませんが、シンプルで分かりやすく、読みやすいものが良いでしょう。

最初からハートマークいっぱいだと、こっちはそんな気なくても、相手はまだそこまで親しくないのに重いと思ってしまうこともあるかもしれません。


■長すぎる文章は送らない


特に女性で多いのが、会話しているような長い文章を相手に送ってしまうことがあるようです。

メールで長いものは最後まで読むのがめんどうですし、会った時に言えばいいのに…と思われてしまいます。

長い文章に対しての返信にも困らせてしまい、相手からしたら考えるのがだんだんめんどくさくなって、メールすらするのをためらってしまうかも。

できるだけ長くならないように、相手の文章に合わせた長さで返信しましょう。


■丁寧な言葉遣い


時々、メールだとはっちゃけた文章になってしまう女性もいるようです。

普段の自分とは全く違う言葉遣いになる人もいますが、メールだからと言って変な言葉を遣わず、丁寧な女性らしい言葉を使ってください。

特にまだ親密な関係になってない場合はメールでのやり取りをすることも多いでしょうから、そこで相手を知っていくことになります。

品格のある大人なメールを打てば、好感度もアップすることでしょう。


■返信は早目に


いくらメールが苦手だったり忙しかったりしても、相手から来たメールには必ず返信しましょう。
仕事などで忙しくても、1日以内の返信は必ず必要です。数日経ってから返すと、いい加減な人なんだなと相手から不信感を抱いてしまいます。

メールが来たからと言って仕事中などに急いで返す必要はないですが、手が空いた時にチャチャッと返せると良いですね。

返信は早いほど相手は喜んでくれますし、いつまでも返ってこないと自分に気がないんだなと思わせてしまうことにもなりますよ。


■しつこく送り過ぎない


これも女性に多いんですが、気になる人には何度もしつこく連絡を取りたがる人が多いように思います。
好きな人と常に繋がっていたい気持ちは分かりますが、節度は大事。

しつこい人は今は良くても、いずれ重くなってめんどくさがられてしまいます。
特に男性はマメじゃない人も多いので、何度も来るメールがだんだんうっとうしく思えてくるのです。

連絡を取りたいと思っても相手の生活環境も考え、適度に連絡を取るのが良いでしょう。恋愛には駆け引きも大事ですしね。