メールテクニック ~男性編~

■短過ぎる文章はNG


メールは感情までは相手に伝わらないので、あまり短い文章を送ってしまうと、相手からしたら怒っているのかなと思われてしまうことがあります。

こっちからしたら全くそんなつもりは無くても、女性は絵文字を使ったり長い文章を打つことが多いので、短い文章はあまり理解ができなかったりします。

何か質問されたとしても単語で返信するのではなく、こちらからも返信してみたり、相手の話に乗ってみたりすることも大切。少しでも盛り上げると、相手も喜んでくれますよ。


■マメに返信、時には時間を空けて


女性からのメールに、毎回返信が遅い人はいい加減な人だなと思われてしまいます。できるだけマメに返信することをおすすめします。

しかしいつも忠実にすぐに返信するのではなく、時には時間を置いて相手を待たせることも必要なんです。これは駆け引きですね。
「いつもはすぐに返信来るのにどうしたのかな」と相手は自分のことを考える時間が増えます。

そして返信が来れば「良かった!」と思い、それを繰り返すことで暇な人だと相手に見下されることもなく、あなたのことを思う時間も多くなってくるでしょう。


■頻度は少なすぎず多すぎず


何事も適度が重要。メールは少なくても距離が離れていきますし、多くてもうっとうしがられてしまいます。

男性だとメールが苦手であまりしない人もいるかもしれませんが、一日か二日に一回ぐらいはした方が良いでしょう。あまりしないと自分に気がないと思われてしまいます。

かと言って一日に何度も何度もすると、相手から重いと思われたり返信するのがめんどくさいと思われたりすることもあります。

相手のペースにも合わせ、社会人ならそんなに時間もないでしょうし、多くても一日数回で十分でしょう。
メールをするよりも実際にデートを重ねることの方がよっぽど重要です。


■質問をして会話を広げる


メールをしたいんだけど何を送ったら良いのか分からない時は、相手からしたら返信しづらい自分の話をするのではなく、相手を知るような質問をしてみても良いかもしれません。

例えば「今日こんな映画を見たんだけど、○○ちゃんはどんな映画が好き?」などとメールを送れば、質問の答えが必ず返ってくると思います。
そこから話を広げ、「今度の休み、映画見に行かない?」とデートの約束までこぎつけるチャンスになるかもしれません。

女性は自分の話を聞いてもらいたい人が多いので、自分の話ばかりする男性より、話を聞いてくれる男性の方が好きだったりします。

あまりにも質問攻めにするのはよくありませんが、質問系のメールにすれば、相手も答えやすく会話が広がりますよ。


■男らしく積極的に


相手からのメールや誘いを待ってばかりの男性は、男としての積極性もなく女性に頼りっぱなしだと思われ、草食系男子が好きな人などは別として、一般的にあまり女性からは好かれません。

デートのお誘いも、やはり女性に誘わせるより、男性から誘った方が良いでしょう。待っている女性はたくさんいると思います。

ガツガツし過ぎているのもいけませんが、メールできなかったり誘えなかったする女性はいるので、気になる人がいるのであれば、自分からどんどんアピールすることをおすすめします。

そうじゃないと相手が他に積極的な男子から誘われたら、そちらに行ってしまう場合もあるからです。

普段消極的な男性でも、いざと言う時には男らしさを見せなければ恋愛にはいたりませんよ。