自分磨き~内面編~

いくらお見合いパーティーに参加しようと結婚相談所に登録しようと、身だしなみが整ってなかったり気遣いができなかったり、そういった点があると婚活はうまくいきません。
婚活疲れに陥ってしまう前に、一度深呼吸をし、自分磨きをしてみてはいかがですか?


■言葉遣いを気をつける


流行言葉を遣う人や汚い言葉遣いの人は、男性女性どちらからも好かれません。
若いうちはまだいいかもしれませんが、30代になってまで、「マジで~」「てゆうか~」「すげー」などと言う言葉を遣っていては、相手に引かれてしまいます。

最初だけ猫をかぶってきれいな言葉を遣っていても、何度か会ううちに本性が出てしまうこともあるので、日頃からしっかりきれいな日本語を心がけて話しておくことです。


■マナーを身につける


日ごろから食事の時のマナーなどができていないと、いざ合コンやお見合いパーティーなどに参加した時に、マナーの悪さが出てしまいます。
高級レストランで使うようなテーブルマナーは必要ないかもしれませんが、ナイフやフォークの使い方、咀嚼音、食器のマナーなどは気にしておく必要があります。

また、慶弔関連などについての常識もいざと言う時に知らないと恥をかくことになるので、一般的な常識は知っておきましょう。


■コミュニケーション能力を高める


婚活には見た目も必要ですが、相手とのコミュニケーションも必要です。
誰もが羨むようなイケメンや、皆が振り返るような美人なら、異性からどんどん寄ってくるのであまり必要ないかもしれませんが、一般的な人にはある程度のコミュニケーション力が必要となります。

異性の前だと緊張して頭が真っ白になる、どんな会話をしていいのか分からない、話が盛り上がらない…などと言う人は、もとから社交的な性格ではないと思うので、なかなか性格を変えることは難しいかもしれません。
しかし、努力することで少しずつ自分を変えることはできますよ。

例えば普段は行かない街コンなどに参加してたくさんの人としゃべってみたり、婚活セミナーなどに参加してプロのアドバイスを聞いてみたり、努力の仕方はたくさんあります。

自分なんか…と諦める前に、何か自分を変える自分磨きをすることが大切です。


■趣味を見つける


もとからのめり込んでいる趣味がある人は良いのですが、全く趣味と言う趣味がないと言う人は、何か自分が打ち込めるものを見つけてみると良いかもしれません。

費用がかかるようなもの、異性からモテるようなものなど、そういったものでなくても良いのです。

ランニングだったり、映画や本だったり、水槽を作ってみたり、料理をしてみたり、無理にやることはないですが、自分が好きだと思うことを見つけると、いきいきできると思います。

それが共通の話題となり、相手との出会いのきっかけになることもあるので、ぜひ趣味を探してみてください。


■精神的な自立


いくら顔が良くてもエリートでも、自立していないと結婚は難しいです。
例えば、30代になっているのにいつまでも母親に頼って何でもやってもらっていたり、友達の影響ばかり受けて何でも友達と同じだったり、そういった人はいい人が現われても、頼りっぱなしで依存しっぱなしで、なかなかうまい関係が築きにくいのです。

内面の自分磨きをするのであれば、実家を出て一人暮らしをしてみたり、普段話さないような人と話してみたり、人に流されない強さを持つことも大切。

自分を持っている人と言うのは男女問わずかっこいいものです。
逆に流されてばかりの人は芯がなく、全て自分の意思ではない気がして、あまりモテるタイプではありません。