婚活する人の年齢層

■婚活者に多い年齢層


婚活パーティーや婚活イベントなどに参加する人が一番多い年齢層は、20代後半~30代まで。
女性にとっても男性にとっても結婚適齢期であり、結婚したい人たちが集まる年齢なのです。

もちろん40代・50代の方でも遅いと言うことはなく、行動することに意味があるのです。


■何歳で婚活を始めれば良いのか


結婚したい時期は人それぞれなので一概には言えませんが、女性は特に30代になってからよりも、20代後半のうちに婚活を始めておいた方が良いかと思います。

なぜかと言うと、男性は30代になっても女性から魅力的に見られることも多いのですが、男性は女性に若さを求める傾向にあるからです。

男性は20代と30代だったら20代を選ぶ人が多いのが事実。
30代でももちろん意気投合したり顔が好みだったりしてお付き合いが始まることはあるのですが、自分が望むような同世代の30代男性は、ほとんどの場合が20代の若い女性を選びます。

お見合いパーティーでも30代後半の女性より20代の方が有利になりますし、早目に行動しておくことに損はありません。


■何歳でも遅くはない


婚期を逃した、婚活する時期が遅れたという人でも、だからと言って諦めてはいけません。
最近では婚活ブームもあり、40代限定、50代限定と言ったお見合いパーティーなどもありますし、結婚相談所などに登録すれば、サポートなどもしっかりしているので出会える可能性は高くなります。

結婚したいなーと思うだけでは何も始まらないので、大事なことはまずは行動してみること。

同じ世代の人が自分と同じように相手を探していることもありますし、50代になって結婚すると言う人だっているのです。


■自分に見合った年齢の人を見つける


女性は年上男性に憧れることが多く、最近では熟男が流行っていたりもしますが、だからと言って20歳も30歳も離れているような女性ばかりにアプローチしていてはなかなか相手を見つけることは難しいでしょう。

女性にも言えることで、いくら若い子が好きだからと言って、30代後半の女性が20代の男性ばかりにアプローチしても、相手にとってはあまり興味がなかったりします。

婚活をする際には理想通りと言うわけではなく、見た目にしろ年齢にしろ職業にしろ、自分に見合った人を見つけると言うことが必要なのですよ。

あまり高望みばかりしていると、相手を見つけることは難しくなります。時には妥協も必要です。