婚活スタイル別 参加者比較

■お見合いパーティー


ひと昔前は参加することが恥ずかしい、さえない人が来る、こっそりと参加すると言うイメージだったかもしれませんが、今のお見合いパーティーは決してそんなことはありません。

もちろんあまりモテないような人、恋愛経験が少ないような人も参加しますが、普通に働いているサラリーマンやきれいな女性も参加しますよ。
見るからにオタクの人やものすごいイケメンなどは少なく、派手でも地味でもなく"普通"の人が多いです。
一番多い年齢層は、20代後半から30代前半の結婚適齢期の人。パーティーによって参加者の特徴は変わってきます。


■結婚相談所


婚期を逃した人、自分の力では結婚できなかった人、モテない人などが登録しているイメージが強い結婚相談所。
確かにそういった風潮は今でも残っていますが、晩婚化が進む現在、そういう人たちばかりの結婚相談所ではなくなってきています。

男性ばかりの職場、女性ばかりの職場、出会いに恵まれなかった人などは実際に多いのです。
なかなか出会いがなくて、結婚したいのに30歳を越えても相手ができないと言う話もよく耳にしますね。

料金も安い結婚相談所も多くなっていることによって、現在ではそんな普通の30代や40代の方が登録されていることも多いですよ。サポートもしっかりしているので、出会える可能性も高くなるのが結婚相談所です。


■ネット婚活


普段の生活ではなかなか出会いの少ない人が多く登録している婚活サイト。
インターネットでの出会いは可能性も広がりますし、普段ははなかなか忙しくて婚活できないような、普通の会社員などが登録していることが多いようです。

一番多い年齢層は30代後半。
インターネットを使ってと言うことで、現実では異性に話しかけたり出会いを作るのが苦手と言う方にもおすすめです。


■合コン


合コンに参加する人はまちまちですが、若い人が多いように思います。
合コンだと友達の友達、知り合いに頼んでメンバーを連れてきてもらったりするので、主催者と同じようなタイプの人が多いですね。

今は合コンセッティングサービスと言うものもあり、インターネットのサイトに登録することによって、合コンする相手を探すことができるというサービスもあります。
これは知り合いではないのでどんな人が来るのかはわかりませんが、年齢や職業などはある程度最初に記載されていることが多いので、安心して使えると思いますよ。

どちらにしても合コンは学生などが行うことも多く、若い人向けと言うイメージです。
婚活と言うよりも恋活に近いかもしれませんね。


■街コン


参加人数も多く、様々な職業の人が参加する街コン。出会いを求めているたくさんの人が参加しています。
一番多いのは20代で、結婚したいからと言うよりも、恋人が欲しい、出会いが欲しいと思い来ている人がほとんどです。

職業も様々で、男性だと公務員や警察官、自衛官、エンジニア、SE、女性だと看護婦、保育士、受付などの普段あまり出会えないような仕事をしている人とも出会えることがメリットです。

興味本位や面白半分で来ている人も多く、中には恋人がいるのに参加している人や、遊べる女性を探して来ているような人もいるので注意が必要です。