塩顔

1980年代頃に、しょうゆ顔・ソース顔と言う言葉が流行り、流行語大賞の"流行語部門・大衆賞"を受賞しています。

一般的にしょうゆ顔はアイドルに多く、あっさりとした日本人に多い顔のことを言います。芸能人で言うと、向井理さんや東山紀之さんがそうだと言われています。
そしてソース顔はその逆で、彫りが深く西洋的な顔立ちの人のことを言います。代表的なのは、阿部寛さんや平井堅さんなどがいます。

そんなしょうゆ顔やソース顔が流行してきましたが、2013年ごろからは塩顔がブームになっています。塩顔に惹かれる女性もとても多く、テレビや雑誌などでも多く取り上げられていますね。

塩顔の特徴としては、目が細く切れ長、フェイスラインが美しい、体は細身、色白などの特徴があげられます。しょうゆ顔よりもあっさりしていて、とにかく薄い顔だと言えます。アジア系の顔が人気だそうです。

芸能人だと、森山未來さん、綾野剛さん、瑛太さんなどがあげられます。皆さん色が白く目が細く、和風なイケメンですね。

積極的ではない草食系男子が流行しましたが、塩顔男子はそんな影響から人気が出たのではないでしょうか。女性っぽいイメージもあり、あまり積極的ではなさそうな人が多い気がします。

でも、芯はしっかりしており自分の考えを持っている、と言う面に、女性はギャップを感じて惹かれてしまうのが塩顔男子なのかもしれませんね。