かかみがはら航空宇宙科学博物館

かかみがはら航空宇宙科学博物館

自衛隊の航空基地がある岐阜県各務原市は飛行機の町。そんな岐阜基地の近くには「かかみがはら航空宇宙科学博物館」が建てられています。ここには航空機や実験機、航空関連資料など飛行機にまつわる物が多く展示されており、飛行機について見て学ぶことができます。

かかみがはら航空宇宙科学博物館

館内に入って一際目立つこちらの飛行機は、日本の航空機産業の草分け的存在となった「サルムソン2A-2型機」。当時としてはとても速かった時速185kmで空を飛んでいたそうです。これを始め、様々な航空機を見ることができます。

かかみがはら航空宇宙科学博物館

体育館のようなだだっ広い展示場には、所狭しとたくさんの飛行機が並んでいます。実際に乗ることができるものも多くありますよ。これだけ並んでいると、飛行機好きでなくてもワクワクしてしまいます。飛行機が作られ始めてから今にいたるまでたくさんの飛行機が作られ、長い歴史があったのだと実感します。

かかみがはら航空宇宙科学博物館

名誉館長は銀河鉄道999の原作者である松本零士氏なだけあって、宇宙関連の展示もありますよ。夢とロマンが詰まった博物館なのです。子供だけでなく、大人でも十分楽しめる施設となっていますよ。


住所:岐阜県各務原市下切町5丁目1番地
営業時間:午前9時30分~午後4時30分(午後4時までに入館)
入館料:大人800円
休館日:毎週火曜
駐車場:有り(無料)
関連URL:かかみがはら航空宇宙科学博物館