久能山東照宮

久能山東照宮

東照宮と言えば日光が有名ですが、日光よりも先に創建されたのが「久能山東照宮」。景勝地である日本平からロープウェイで行くことができます。遺命により徳川家康を祀った最初の神社としても有名ですね。

久能山東照宮

本殿、石の間、拝殿は国宝に指定されています。静岡ではとても人気のあるスポットと言うこともあって、休みの日になると多くの人が訪れる場所でもあります。特に初詣の時期は大変混み合う場所です。

久能山東照宮

もともとは推古天皇の時代に寺を建て観音菩薩を安置していたのが始まりと言われています。創建されたのは家康公の薨後の1616年で、現在は創建されてから400年余り経っている神社です。一つ一つの建物がとても立派。

久能山東照宮

色鮮やかで豪華絢爛な造りが特徴的。当時最高の建築技術「権現造」の様式で造られていますよ。他ではあまり見ることのできない壮麗さがあり、ありがたい気持ちになります。

久能山東照宮

徳川家康公が祀られていると言うことで、38歳の時の手形もあります。家康公がここに眠っていると思うと、とても歴史を感じますね。晴れていれば伊豆半島から御前崎までの景色も一望できます。高い場所にあるので、景色もとても美しく見渡せますよ。


住所:静岡県静岡市駿河区根古屋390
駐車場:有り(無料)
営業時間:4月1日~9月30日9:00~17:00
      10月1日~3月31日9:00~16:00
料金:拝観500円、ロープウェイ往復1,000円
関連URL:久能山東照宮