南宮大社

南宮大社

「日本書紀」に登場する崇神天皇の時代に創建されたと言われるほど歴史が古い古神「南宮大社」。何宮さんと呼ばれ、長い間親しまれてきた神社です。縁結びや勝負、金運などのご利益があるとされている神社で、初詣の時期などは多くの人が訪れます。

南宮大社

境内には美しい朱色の建物がいくつもあり、国の重要文化財に指定されているものも多くあります。いかにも唐の文化がミックスされていると言う造りになっていますよ。祀られているのは、金山彦命と言う神様。天昭大神の兄神に当たると言われる神様です。

南宮大社

年間50余もの祭りごとが開催されているそうなので、お祭りに参加してみるのも良いかもしれませんね。美濃国では一宮(その国で一番社格の高い神社)とも言われている神社なので、近くへ行った時にはぜひ参拝に訪れてみてください。


住所:岐阜県不破郡垂井町宮代1734-1
駐車場:有り(無料)
関連URL:南宮大社