ミツカンミュージアム

ミツカンミュージアム

2015年にミツカン本社に隣接してオープンした「ミツカンミュージアム」。ミツカンの歴史や商品、酢の作り方などについて学ぶことができるミュージアムとなっています。予約制でツアー形式となっているので、行かれる方は事前にご予約を!

ミツカンミュージアム

館内は5つのエリアに分かれており、それぞれのテーマで楽しい展示がされていますよ。まず入って最初に見るのは、酢の作り方。江戸時代に作られていた製法を、パネルや模型を使って分かりやすく説明されています。今とは随分違う作り方ですが、原理は変わらず、当時の精神が今に受け継がれていますよ。

ミツカンミュージアム

テレビや雑誌などでミツカンミュージアムが紹介される度に必ず出てくるのがこちら、長さ約20メートルの「弁才船」と呼ばれる木製の船。弁才船と言うのは江戸時代に使われていたもので、江戸まで酢を運んでいたそうですよ。その大きさには圧倒されてしまいます。

ミツカンミュージアム

ミツカンのロゴは創業者が家紋から考えたそうです。明治時代から続く会社で、長い歴史の中でヒット商品をたくさん出していますね。窓から見える運河は、弁才船で酢を運んでいた運河。当時を思わせるような黒壁の工場も、とてもインパクトがありますよ。


住所:愛知県半田市中村町2-6
営業時間:9:30から30分毎(最終 15:30)※要予約
入場料:大人300円
定休日:木曜
駐車場:あり(無料)
ホームページ:ミツカンミュージアム