城山八幡宮

城山八幡宮

名古屋市千種区、都会の中にありながら、緑に囲まれ空気が澄んでいる神社「城山八幡宮」。かつて織田信長の父・信秀が築城した末森城があった場所にあります。

城山八幡宮

500年以上前より、土地を守護する神として人々の崇拝を受けてきた神社。敷地面積1万坪で、城跡のほとんどを境内とし、お堀などが残り戦国時代の面影を残していますよ。初詣や七五三の時期は、特に多くの参拝客で賑わいます。

城山八幡宮

ここは名古屋の「恋の三社めぐり」の一つにも選ばれており、恋愛成就のご利益があるとして、片思い中の人、恋愛中のカップルにも人気のあるスポットですよ。その象徴となっているのがこちらの"連理木"。連理木の回りをぐるりと回り、自然に足の止まった場所の紙垂で吉凶を占います。

城山八幡宮

他にも、水につけて占う恋みくじなどがあるので、恋愛祈願に訪れた方はそちらもお忘れなく。恋の三社めぐりは、同じく千種区の「高牟神社」と北区の「山田天満宮」が指定されており、全て近い場所にあるので、全部回ってみてはいかがですか?


住所:愛知県名古屋市千種区城山町2-88
駐車場:あり(最初の60分まで無料)
ホームページ:城山八幡宮