三高

ご存知、バブル全盛期に大流行した言葉が「三高」です。
三高とは、「高学歴」「高収入」「高身長」の3つの条件を兼ね揃えた男性のことを言います。

世の中が好景気で人々が裕福な生活をしていた、まさにバブル期を象徴しているかのような言葉ですね。
結婚相手に高条件を出す女性が多かった時代です。

しかし時代と共に人々が求めるものや流行は変化していきます。

三高は既に昔の言葉となっており、現在三高を求める人は少ないのではないでしょうか。

もちろん裕福なかっこいい人と結婚したいと思う女性もいますが、景気も悪くなり収入も減ったことにより、高望みする女性も減ってきたのです。

それよりも今は、安定した職業に就いていて、普通に生活ができるならそれでいいと思う人も増え、普通が一番だと言う女性も多いのが事実です。

お金や見た目よりも、優しさや温かさがある男性との方が、結婚生活はうまくいくかもしれませんね。