お見合いパーティーでの会話術【女性編】

■お見合いパーティーの会話術


女性は男性よりも話好きの人が多いので、どんな場所でも話すのは得意と言う人も多いかもしれませんが、やはりたくさんの知らない男性と話すのは緊張するもの。

普段女子会や女性の友達と話しをするのとは違って、男性受けする話し方で参加した方が好印象を与えます。

作り過ぎは粗が出てしまうこともあるので良くないと思いますが、ある程度は女性らしさを意識してみてください。

kaiwaonnna.jpg

■落ち着いてしゃべり過ぎない


初めての相手とお話するので、何かしゃべらなきゃ!と意気込み過ぎて、気づいたらしゃべり過ぎていたなんてことも。

よくしゃべる女性は男性にとっても楽しい存在ですが、最初からマシンガンのように話しまくるのは品に欠けます。

誰だって緊張するのは当たり前なのですから、そんなに焦ることはありません。まずは深呼吸をして落ち着いて、ニコニコと笑顔で挨拶や自己紹介をすることから始めてください。

一人ひとりと話す時間は3分程度と長いものではないので、そこまで頑張ってアピール必要はありません。
何よりも自然に相手の目を見て、楽しそうに会話することが重要です。


■流行り言葉や汚い言葉を使わない


素の自分でいることは大切ですが、いきなり素を出しすぎるのはNGです。

「マジで」「すげー」「超」などの、あまり女性らしくない言葉は使わないに越したことはありません。
婚活パーティーに来ている男性は結婚相手を探しに来ているので、どうしても家庭的でないと思った女性は、いかに美人でも一歩引いてしまいます。

その場だけ自分を作ることはなかなか難しいと思うので、普段から職場や女子会などで、女性らしい言葉遣いをするように気をつけてみてください。


■相手との共通点から話を広げる


これは男女共に言えることですが、全く知らない相手と話を盛り上げるのは困難です。
そこで役立つのが、婚活パーティーの最初に書くプロフィールカード。

趣味や特技、好きな映画など、できるだけ細かく書くことをおすすめします。

これを元に相手との会話になるので、お互いの共通点があると、そこから話を広げることができるのです。最初は小さな共通点でも、それをきっかけに仲を深めることができるかもしれませんよ。

小さな共通点でも相手と親近感を持つことができるので、まずは自分と合いそうな話題を探してみましょう。


■相手へ質問をする


会話は男性がリードしてくれることが多く、色々と質問されて会話が成立したりもするのですが、いくら話好きな方でも、ときには相手のことを質問してみるのもいいかもしれません。

自分に質問されると、自分に興味を持ってくれているのだな、話を聞いてくれているな、気にかけてくれているなと男性からの印象が良くなります。

今までの恋愛経験や給料など、あまり突っ込みすぎた質問は初対面では避けた方がいいですが、やんわりと趣味や住んでいる場所についてなど、当り障りのない質問からしてみるといいと思います。

そうすることによって、会話もより盛り上がりますよ。